Shelter logo
東北学生設計競技2002
本年度の課題
「ながい・空間」

「ながさ」を感じさせる建造物としては、中国万里の長城が思い浮かびますが、私たちの身の回りにもアーケード街、キャノピー、コロネードなど「ながさ」を感じさせる建物・空間があります。

このような建物・空間は連続したながさがあるゆえ、新たなる発見や出会いを演出してくれます。

「ながさ」を発想の起点としてイメージを膨らませてください。

ここでは、木造を主としたシェルターであることが条件ですが、その空間の目的を明示してください。

また、「ながさ」には、単に物理的なながさを意味するだけではなく、時間的なながさをも考えられると思います。

入選作品

最優秀賞 どこにいても ながい・いえ
多田 吉宏
日本大学 大学院
優秀賞 nogisu_tube
渡辺 久仁子(代表)・伊藤 啓二・東京理科大学 大学院
石井 理絵・東京理科大学
入選 SPACE WALKER
鎌田 佳子(代表)・東國 肇
神奈川大学
入選 Trans Home
国兼 貴也(代表)・岡本 健・海老根 亜希子
千葉工業大 大学院
入選 ゆっくりと
鹿郷 純香(代表)・大沼 謙二・小檜山 尚秀・齋藤 和哉・吉田 和人
東北工業大学大学院
奨励賞 「C」
泉 健一郎(代表)・五十田 昇平・井村 大輔
日本大学大学院
奨励賞 Library
松居 浩平(代表)・山下 太郎・岡本 暁介・杉本 直慶・鳥山 源太
専門学校 ICSカレッジオブアーツ
奨励賞 冬眠禅寺
佐藤 善幸(代表)芝浦工業大学 大学院
濱口 智明・横浜国立大学 大学院
池谷 佳久・大川 夏樹・高 滋央・芝浦工業大学


総評
応募総数が去年に比して、2/3程度に落ちてしまった点は、テーマの難解さに起因するものと思います。

しかし、そのテーマに取り組み、しっかりと解法を導き、提案に結び付け応募した諸君のチャレンジ精神とたくましさを感じ、嬉しく思います。

さて、作品の内容大別すると、「ながい」という言葉を、時間的な「ながさ」と物理的空間の「ながさ」とに捉えています。

後者は、鳥居、参道、道、川等に沿って空間をまとめたものが多く、前者は、ライフサイクルや、時代の継承を「ながい」と捉え、空間へ反映させています。

その中でも、時間的ながさに心理的な側面を加味し、空間へと展開させようとした、コンセプトを深く掘り下げた提案がありましたが、空間との整合性、魅力が他案に劣っており、残念な作品もありました。

また、作品の中には、以前の提案にあったような表現や形態が見られ、多少落胆させられたものもありました。

さらに、木のシェルターという大前提がある本設計競技会ですが、木以外の素材の方がより美しくまとまるのではないかと思われる提案や、木造としての必然性に欠ける提案もあり、あくまでも「木」を意識し、提案してもらいたいと考えます。

次回より東北という域をはずし、全国の学生との競技になります。東北地区の学生のさらなる努力、研鑚に期待します。

(評/審査委員長 松井 壽則)

募集要項

応募資格

応募代表者が以下のいずれかを満たす者とします。

1. 東北地方 (一般的に分類される6県に新潟県を加えた7県) の大学等教育機関の学生であること。

2. 本籍を東北地方7県に有する者で、大学等教育機関の学生であること。

大学等教育機関とは、大学、大学院、短期大学、工業高等専門学校、各種専門学校、職業訓練校のことを指します。

提出物

A2用紙1枚 (594mm×420mm 縦横は問わない) に自由に表現。
紙質は自由。
パネル化しないもの。

提出図面

提案の意図を表現する図面及説明文。
縮尺、表現方法は自由。
未発表の作品に限ります。
作品は返却しません。

提出方法

必ず裏面右下に提出者 (共同制作の場合は、代表者及び制作者全員) の氏名、住所、電話番号、年齢、所属教育機関名、学部、学科、学年を明記の上、郵送のこと。
応募資格2 の場合は、提出者(代表者)の本籍地名(県市町村)も明記すること。

提出期限

2002年9月30日(月)当日消印有効

結果発表

10月下旬に入賞者に通知の上、雑誌やその他のメディアに掲載。

賞金

最優秀賞原則1作品50万円
優秀賞原則1作品20万円
入選原則3作品以内各5万円
奨励賞若干名

審査員

審査委員長 プロフィール 松井 壽則(日本大学)
審査委員(50音順) プロフィール 相羽 康郎(東北芸術工科大学)
プロフィール 阿部 仁史(東北大学)
プロフィール 杉山 丞(東北大学)
プロフィール 元倉 眞琴(東北芸術工科大学)

問い合わせ及び提出先

990-2473 山形県山形市松栄一丁目5-13
株式会社シェルター
「東北学生設計競技2002」事務局 担当・山川/大内
TEL:023-647-5300 FAX:023-647-5350
E-mail:design@kesfc.co.jp

主催

株式会社シェルター
「東北学生設計競技2003」は、2003年春に募集要項発表予定です。(詳細は未定)
ご応募お待ちしております。

Shelter logo
2002/7/4
東北学生設計競技2001「小さな小屋」
東北学生設計競技2000「現代の大屋根の家」
東北学生設計競技1999「木のシェルター」