注文住宅&リフォーム

お客様の声

  • Voice 40住宅作品集へ

    吹抜け階段でつながる家

    秋田県湯沢市・2018 Winter・カテゴリ:新築

    Q1:家づくりのきっかけを教えてください

     いままで住んでいた山形県から、夫の実家に近い秋田県湯沢市にマイホームを建築して移り住みました。
     もともと、5歳になる長男が小学校に入学するまでに家を建てたいと思っていましたが、小学校にあがる直前の引っ越しになった場合、お友達のいない状態で学校へ通うことが心配でした。いろいろ考え、やはり早いうちに湯沢市で安定した生活基盤を築き、子どもには幼稚園のうちにお友達を作ってほしいと思ったこともあり、今のタイミングでの建築を決断しました。

    Q2:家づくりで重視したポイントは?

     他にはない、かっこいいデザインの住宅が欲しいと思っていました。また、水回りの動線や使い勝手を考慮した間取りなど、家事のしやすさも重視していました。カップボードは吊戸棚をやめて、すべてカウンター型にしたことで、料理中の作業台や物の置き場として重宝しています。また、湯沢市は積雪が多いので、屋根の形にこだわったり、駐車場に融雪設備を入れたりなど、なるべく除雪をしなくてもいい設計にしてもらいました。

    Q3:シェルターを選んだ理由は?

     やはり建物がかっこよかったからです。実際にオープンハウスにも足を運びましたが、外観だけでなく、中のつくりも素敵でした。100%自由設計なので、他にはない「自分たちだけの家」を細部までこだわって考えてくれるだろうと感じました。

    Q4:大変だったことや楽しかったことは?

     山形で生活しながら秋田の土地を探すことが大変でしたね。
     着工してからはタイミングよく夫の秋田への転勤が決まったので、以降の打ち合わせはほとんど秋田で行っていました。遠方にもかかわらず、山形から毎回担当者の方々が来て下さったことに、とても感謝しています。
     打ち合わせを進めていくにつれ、自分の想いが実現していき、仕様や色合いを決めるのが楽しみでした。色の組み合わせなど、イメージしきれない部分は設計士がどんどん提案してくれたのがうれしく、とても助かりました。例えば、キッチンの色は最初の予定の色がしっくりきていなかったものの、自分では具体的に何色がいいというイメージが湧いていませんでした。そこで設計士さんがショールームで色を吟味して、再度提案してくれました。
     あと、建築中は、現場で大工さんと作業の内容や世間話などをするのも楽しみでした。

    Q5:暮らしてみていかがですか?

     いままでのアパートや社宅に比べると、格段に暖かくて暮らしやすいです。朝起きた時も寒くないですし、電気毛布がなくても快適に眠れます。また、キッチンで家事をしながらリビングで遊んでいる子どもたちの様子が分かるので、お互いに安心して過ごせています。 

    Q6:お気に入りの場所は?

     LDKが特に気に入っています。吹抜けや大きな窓があってとても開放的です。
     また、階段のつくりが好きですね。リビングを囲むようにコの字型に上がっていくので、階段から全体を見下ろすことができます。細身のスタイリッシュなスチール手摺りなので、空間全体に開放感がありますし、朝起きて、寝室のある2階から朝陽が差し込むリビングへ下りるときは、とても気持ちいいです。

    Q7:これからの楽しみは?

    テラスでBBQを楽しみたいですね。
     春になったら庭で遊ぶ子どもたちをキッチンから眺めるのが楽しみです。それから、中二階の部屋が日当たりがよくて気持ちいいので、子どもたちが大きくなるまでしばらくはサンルームのようにして、日向ぼっこをしながらそこでゆっくりとお茶を飲みたいです。

    Q8:最後に、建築を考えてる方へのアドバイスをお願いします

     たくさん打ち合わせをするのですが、毎回、事前に自分たちの意見や聞きたいことなどを紙にまとめておくといいと思います。私たちの場合、打ち合わせが終わってから「あれを伝えるのを忘れていた!」ということが多かったので。それでも、営業担当者に連絡すると、すぐに返答がきましたし、事前にサンプルを郵送してくれるなど、細やかな気遣いがあり、ある程度イメージをもって打ち合わせに臨めました。シェルターでは担当者がちゃんとフォローをしてくれるので、はじめての方も心配しなくて大丈夫ですよ。

    ありがとうございました!

         

『株式会社シェルター』のfacebookページはこちら
『株式会社シェルター 注文住宅』のfacebookページはこちら