シェルターの技術

COOL WOOD

木質耐火部材COOL WOOD

当社が開発したCOOL WOOD(クールウッド)は、燃え止まり層に石こうボードを使用した木質耐火部材です。
加工しやすく、デザインやコストに合わせて様々な木材で製造可能。柱や梁の外観は木質のため、木の温もりを活かした建物に仕上げることができます。

木質耐火部材COOL WOOD

◎1時間耐火構造仕様(柱・梁・外壁)
◎2時間耐火構造仕様(柱・梁・間仕切壁・外壁・床)

日本・カナダ・スイスで特許取得 国土交通大臣認定取得

【特徴】
・表面材にすべての樹種が選択可能
・JAS製材、不燃・準不燃・難燃処理を施した木材も使用可能
・加工の簡便性(流通素材のみ使用、特殊工具不要)


木質耐火構造技術

【三重構造】(特許第4359275号)
1.内部の「荷重支持部」は木材を使用
2.中間部の「燃え止まり層」は石こうボードを使用
3.「表面材」は木材を使用(柱・梁)

木質耐火構造技術


耐火性能試験

国土交通大臣認定取得のために、耐火性能試験を行います。2時間耐火性能試験では、試験体に荷重を加えた上1,000℃を超える炉内で2時間燃焼。2時間が経過した後も、試験炉を閉めきったまま6時間残置します。試験開始から合計8時間後に炉を開け、試験体の被膜を剥がし、荷重支持部に炭化痕(焦げ目)がない木肌を確認します。この試験は、火災時、長時間に亘って消火活動ができない状況でも自然に鎮火し、建物が崩壊に至らないことを確認する意味合いがあります。

試験体製作
①試験体製作

炉の中に設置
②炉の中に設置

燃焼中
③燃焼中

自然鎮火後の試験体
④自然鎮火後の試験体

内部確認
⑤内部確認

耐火性能試験 工程

左から、①試験体製作、②炉の中に設置、③燃焼中、④自然鎮火後の試験体、⑤内部確認。


採用事例

シェルターなんようホール
(山形県南陽市文化会館)

地元産の杉をふんだんに活用した文化会館。1,403席収容の「世界最大の木造コンサートホール」を有しています。

【建築概要】
設計:大建設計
施工:戸田建設・松田組・那須建設共同企業体
延床面積:5,900.98㎡
階数:地下1階、地上3階
防火地域: 法22条地域
COOL WOOD仕様:1時間耐火(柱)

採用事例:シェルターなんようホール(山形県南陽市文化会館)

京都木材会館

京都初の純木造4階建てビル。構造材に地域産杉・桧材を100%使用しています。

【建築概要】
設計:ゆう建築設計事務所
施工:吉村建設工業、竹内工務店(木工事)
延床面積:754.50㎡
階数:地上4階
防火地域:準防火地域
COOL WOOD仕様:2時間耐火(柱)

採用事例:京都木材会館

Gビル自由が丘01 B館

東京都心にオープンした商業施設。杉を現しにした柱と梁によって木質感あふれる店内に仕上がっています。

【建築概要】
設計:クライン ダイサム アーキテクツ+フジタ
施工:フジタ
延床面積: 895.38㎡
階数: 地下2階(RC造)、地上3階(木造)
防火地域: 準防火地域
COOL WOOD仕様:1時間耐火(柱・梁)

採用事例:Gビル自由が丘01 B館


3時間耐火への挑戦

当社は日本初となる3時間耐火の実用化に挑戦しています。
世界各国では高層の木造ビルが建設されていますが、現状、日本で建てられる木造建築は14階建てまでとなっています(2時間耐火仕様)。法律上最長の耐火時間である3時間耐火仕様が実現すれば、階数の制限がなくなり、今まで鉄骨造や鉄筋コンクリート造でしか建てられなかった15階建て以上の超高層ビルに木造を取り入れることが可能となります。
都市部に多種多様な木造建築が立ち並ぶ「火に強く、人と地球環境にやさしい木造都市®」の実現に向け、COOL WOODの開発を進めてまいります。

3時間耐火への挑戦

階数と主要構造部に求められる
耐火時間

高層の建物は最上階から避難する時間を考慮するため、全体の階数が増えるにつれて下階の耐火要求時間が長くなります。


シェルターの技術


『株式会社シェルター』のfacebookページはこちら
『株式会社シェルター 注文住宅』のfacebookページはこちら