T.F

Interview

T.F

プレカット工場/2014年中途入社
コンピューターデザイン学科 卒

会社選びの理由

「クールウッド」という木質の耐火技術を知り感銘を受けました。

木材加工の経験を活かせると感じました。前職で木を加工する仕事を経験しており、同じく木を扱っているシェルターが気になり調べた所、南陽市文化会館(現:シェルターなんようホール)に関する新聞記事で、「クールウッド」という木質の耐火技術を知り感銘を受けました。以前から木材加工機械を扱っていましたので、その経験を活かせないかと考えるようになり応募を決断しました。

仕事内容

三次元技術を向上させるための業務を行っています。

主にプレカット機械を用いた製造工程を一貫して担当しています。受け入れ検査した材料を機械に投入し、自動で加工します。しかしながら、どうしても機械で加工できない形状や、何らかの不具合があった場合は手加工して完成させます。その後金物を取り付けて梱包し、出荷するという流れです。最近では、ひねり加工が出来る三次元加工機も導入され、今まで以上に加工形状が複雑で大変なこともあります。しかし日本の最先端技術に携わっていると思うと、意欲的に取り組むことができます。

休日の過ごし方

時代への対応力を磨いています。

新しいことに敏感です。休日は家でゆっくりしていることが多いのですが、昔から新しい物やコトが好きなのでスタートアップ(新たな市場を開拓し、急成長をする企業や事業)やIoTInternet of Things)のイベントに参加して、まだメディアに取り上げられていないようなテクノロジーを知り、時代への対応力を磨いています。

後輩へのアドバイス

自分がどれくらい仕事を好きになれるか?だと思っています。

情報はあくまでも情報。体験しないと駄目。仕事を選ぶ上で大事な事は、自分がどれくらい仕事を好きになれるか?だと思っています。何かをする場合、興味を持つことから始まって、情報を集めて行動(体験)する、これが基本的な流れだと思います。

仕事紹介へ戻る