A.T

Interview

A.T

東京支社/技術開発部/2015年入社
都市環境科学研究科 都市環境科学専攻 卒

会社選びの理由

自分のやりたいことを優先して入社を決めました。

大学で建築を学び始めた当初は意匠設計に興味を持っていて、意匠設計事務所でアルバイトをしていたのですが、構造事務所の設計士の方が打ち合わせでいらっしゃることも多く、建築家のイメージを実現する「構造」の分野にだんだん惹かれていきました。ちょうど木造の技術革新が進んでいて、事例が増えていたこともあり、学生時代は木造の接合部の研究をしていました。シェルターはそのパイオニアで、他にも先進的な取り組みをしていたので、会社がやっていることや自分のやりたいことを優先して入社を決めました。

浅見 忠明

仕事内容

将来的には、建築家のアイディアのヒントになるような、木造だからこそできる空間を提案していきたいです。

主に建物の構造計算と新技術の開発プロジェクトに関わっています。最近では壁パネルの水平加力試験の主担当を任されたことが印象に残っています。試験計画から材料の発注まで全て自分で行いました。手探りではありましたが、先輩や同期にサポートしてもらいつつ、どうにか進めることができました。学生時代の知識や経験も活かせましたし、とても勉強になりました。設計者としては、法律上求められることをただ事務的にクリアしていくのではなくて、「考える」ことを忘れたくはないですね。将来的には、建築家のアイディアのヒントになるような、木造だからこそできる空間を提案していきたいです。木造は構造体を意匠として見せることができるのも魅力だと思います。学生時代から関心のあったドーム建築にも挑戦してみたいです。

休日の過ごし方

山形に来てから日本酒の美味しさを知りました。

音楽を聴くのが好きで、ライブにも時々行きます。ヘッドフォンにもこだわりを持っています。それと本社のある山形で日本酒の美味しさを知りました。研究室のOB会に地酒や米沢牛を持っていった時はとても喜ばれましたね。もちろんそれだけでなく、自分が構造計算を担当した建物を見に行くこともあります。やはり自分が関わった物件を目の当たりにすると、達成感や充実感があって嬉しいです。

後輩へのアドバイス

海外で様々なことを見聞きし、経験することは大事だと思います。

身近な先輩や、OB・OGの話を聞くことが大事だと思います。ただ漠然と聞くのではなくて、戦略的に聞くと尚良いですね。また、自分はできなかったことなのですが、日本国内に限らず海外で様々なことを見聞きし、経験することは大事だと思います。働き始める前に是非挑戦してみてください。

浅見 忠明

仕事紹介へ戻る