K.F

Interview

K.F

本社/営業部/2016年入社
理工学部建築学科 卒

会社選びの理由

“都市(まち)に森をつくる”というタイトルに惹かれました。

シェルターを知ったきっかけは、新聞でシェルターの一面広告を見たことです。大学で建築を学ぶ中、木造に興味を持っていたので、祖父が「こういうの好きだろう」と送ってくれたものでした。“都市(まち)に森をつくる”というタイトルに惹かれて詳しく調べたところ、都市部に木造建築を建てるという発想は、まさに私のやりたいことだと感じ、東京でインターンシップに参加しました。その後山形で開催されたオープンハウスも見学し、実際の住宅を見てお話を聞いて、ここで働こう!という決意が固まりました。もともとは意匠設計志望でしたが、営業担当の方とお話して、デザインなどを提案しながらお客様と一緒に注文住宅を作っていくのもの面白いと思い、営業職として入社することを決めました。

福島 輝大

仕事内容

小手先の技術ではなく、全力でぶつかっていく、という気持ちをこれからも大切にしていきたい。

オープンハウスや資料請求などをきっかけに、シェルターの住宅に興味を持っていただいたお客様への提案営業を行っています。実際に住宅を建てたい、となれば、設計のスタッフを交えて大まかなプランの打ち合わせをして、見積もりを出し、ご契約、という形になります。その後、実施設計で細かい仕様を決め、工事、お引き渡し、という流れです。建てて終わりではなく、定期的に訪問してアフターメンテナンスも行います。私の仕事のポリシーは「つねに全力」。注文住宅は実際にある商品を売るわけではなく、契約時にはあくまでイメージでしかないので、お客様に信頼してもらわなければ契約してもらえません。小手先の技術ではなく、全力でぶつかっていく、という気持ちをこれからも大切にしていきたいですね。これからの目標は、まずは自分のお客様に住宅を建てていただくこと。それから、住宅に限らず市街地に木造ビルを提案し、都市に森をつくる活動に携わっていきたいです。

休日の過ごし方

一人暮らしを始めた時には棚とソファを手作りしました。

社会人の草野球チームに所属しているので、日曜日は練習や試合に明け暮れています。昨シーズンはチームで打点王と打率王をとりましたが、本業のピッチャーの成績はイマイチでした(笑)。DIYも好きで、一人暮らしを始めた時には棚とソファを手作りしました。

福島 輝大

後輩へのアドバイス

いろんな人との交流を大切にしてほしいですね。

大学生の頃やっていてよかったと思うのは、いろいろなコミュニティに飛び込んでいったことです。見聞を広げることができましたし、人見知りしている時間がもったいないので、すぐに人と打ち解けられるようにもなりました。仕事をする上で関わるのは、必ずしも自分と気が合う人だけとは限りません。いろんな人との交流を大切にしてほしいですね。それから、学生は比較的自由に動ける環境にあるので、アクティブに動いてほしいです。私は大学4年生の時に祖父と2週間でアメリカを横断しました。就活では、周りに流されず、できるだけ早く行動を起こすこと。少しでも興味のある会社に、まずはアプローチしてみてください。

福島 輝大

仕事紹介へ戻る