T.E

Interview

T.E

本社/デザインセンター/2016年入社
工学研究科 デザイン学専攻 卒

現在の仕事内容を教えてください

主に住宅の実施設計を担当しています。

主に住宅の実施設計を担当しています。学生の時にはそれほど意識してこなかったミクロの世界での設計、現場の流れをつくることの難しさを日々経験しております。また、入社1年目に愛媛県で開催された住宅設計コンペに応募しました。修士研究で培ったノウハウを駆使して、その地域の環境と人がどのように関わっているのか、ヒアリングや文献調査を徹底的に行ないました。しかし、残念ながら結果は振るいませんでした。なぜ落選してしまったのかを知るために、上司に頼み講評会に参加させてもらったのですが、そこで気付いたのは、落選はしたけれど、自分たちのデザインが新規性という面で他者より光っていること、しかしそれゆえ総合的な面でバランス感覚を欠いてしまったことです。これまで以上に社内の様々な技術者と共に、それぞれの強みを活かす必要性を感じました。シェルターは、社員がやりたいと思ったことに対して社歴を問わず全力で背中を押してくれる会社です。日常の業務と並行してコンペに応募することは簡単なことではありませんが、積極的に参加して、多くの方の作品に触れ、自分自身の知識・技術の幅を広げていきます。

FREE WOODを使ってデザインしたゲートについても聞かせてください

指揮者のタクトの放物線に形を構成するアイディアを思いつきました。

お客様をご招待して開催した、ビアパーティーの“入場ゲート” のデザインを頼まれたのがきっかけでした。私に与えられた課題が、「現場で余った集成材を使用すること」、当社の最新技術である、木材の三次元設計・削り出し加工技術から誕生した「FREE WOOD」を使い、「自由で伸びやかな三次元らしさを表現すること」でした。さらに、これまでのゲートを見てきて、以前から「構造的に自立したものにしたい」と思っていました。あるとき、髪が美しいウェーブを描いて3点で自立したことに構造的なインスピレーションを受け、指揮者のタクトの放物線に形を構成するアイディアを思いつきました。デザインを4拍子にしたのは、日本中の誰もが知っているリズム・テンポで、どこか心地が良い“入場ゲート”を体感してもらいたかったからです。

今後の展望についてはどうでしょうか

「FREE WOOD」を使った設計をもっと手掛けてみたいと思いました。

学生の頃から、新しいものを生み出すことを意識してきました。シェルターは「KES構法」や「COOL WOOD」、「FREE WOOD」など世界に通用する最先端の技術を持つ、デザイナーのイメージをそのままカタチにできる会社です。ゲートのデザインを経験したことで、「FREE WOOD」を使った設計をもっと手掛けてみたいと思いました。三次元建築の市場はまだ発展の途上にあり、想像もつかないような可能性を秘めています。日常の感性を研ぎ澄まし、新しい舞台にチャレンジします。

仕事紹介へ戻る