S.M

Interview

S.M

工務部/2013年中途入社
環境デザイン学科  卒

会社選びの理由

自分自身が住みたいと思える住宅を、自信を持ってつくる企業で働きたい

 以前はユニット建築物メーカーにて、主に設計業務を行っており、公共の仕事がほとんどでした。しかし小さな時から大工に憧れ、木造住宅の仕事に関わりたいという気持ちとエンドユーザーの声を直に聞ける仕事がしたいという思いがありました。マイホーム建築を考える年齢になり、自分自身が住みたいと思える住宅を、自信を持ってつくる企業で働きたいと考えていた時に出会ったのがシェルターでした。私は山形出身で、シェルターは木造のパイオニア企業であり、デザインに優れた住宅をつくっているというイメージが以前からありました。

仕事内容

自社で設計した住宅の現場監督をしています

 設計図やお客様との打ち合わせの内容に基づいて、業者さんの段取りや材料発注を行います。図面を実際に形にしていくため、大工さんや業者さんと打ち合わせを重ねて、詳細な納まり図面などを書き進めていきます。

 また、現場では図面通りに作業が行われているかの確認作業、打ち合わせで決まった内容を形にする為にはどうやったらいいかを大工さんや様々な業種の方々と話し合いながら進めていきます。自分では実現は難しいのではないかと思っていたことも、ベテランの職人さん方と話をする中で、様々なアイディアが出てきて想像していた以上の出来になることもあり、現場での一番楽しいところでもあります。

 シェルターでは、常に高いデザイン性を追求しており、図面を形にするためには常に自分自身が成長していかなければなりません。積極的に様々な事へ挑戦していくという事はスキルアップにも繋がっていくため、日々向上心を持って取り組んでいます。

休日の過ごし方

子どもと過ごす時間を作るようにしています。

 最近は、自転車に乗って一緒に公園などに行くのが日課になっています。子どもの成長を様々な視点から見ることが楽しみです。

 昨年、当社にて自宅を建築しました。木造は人に優しく、子どもの教育上にも良いと聞きます。子どものためにも良い環境をつくることができて良かったです。リビングには薪ストーブを設置しました。柔らかく揺らめく炎を見ているだけでリラックス出来ます。冬場の休日は一週間分の薪の準備のために、薪割りも日課となっています。斧を使っての薪割りも「スパッ」と割れた時の気分が最高です。

後輩へのアドバイス

色々な事を経験してもらいたいです

 自分を成長させる、様々な経験と人との出会い・繋がりが、将来の自分をより高みへと導いてくれる何よりの近道です。どんな経験も無駄ではなく、自己を成長させているものです。公私共に挑戦する気持ちを忘れず、色々な事を経験してもらいたいです。

仕事紹介へ戻る