Y.A

Interview

Y.A

東京支社/技術開発部/2015年入社
総合理工学研究科 人間環境システム専攻 卒

会社選びの理由

大学院の研究を活かせる分野の仕事に就きたいと考えていました。

大学院で木造建築の研究をしていたこともあり、それを活かせる分野の仕事に就きたいと考えていました。就職活動を始め、木造建築を行っている会社を調べているときにシェルターを知り、会社説明会に参加しました。その後、構造設計を担当されている責任者の方や木村社長と面談をし、会社の理念に共感したことや、中大規模の木造建築をメインに全国展開をしている企業は少ないため、面白い仕事ができるのではないかと考えたことからシェルターを選びました。入社してから、これまで木造としてあまり例のない物件に携わらせてもらい、毎日試行錯誤しています。

仕事内容

打ち合わせから、構造計算・積算・現場とのやりとりなど、建物が建つまでの一通りの業務を行っています。

技術開発部に所属し、最初の2年間は山形の本社で、今年の3月からは東京支社に勤務しています。設計事務所さんとの打ち合わせから、構造計算・積算・現場とのやりとりなど、建物が建つまでの一通りの業務を行っています。いろいろな知識が必要になってくるので大変ですが、何件も物件を担当していくにつれて、自分の中に知識が蓄積されていくのが感じられ、とてもやりがいがあります。

休日の過ごし方

山形の本社にいたときは、車でいろんなところをまわっていました。

山形の本社にいたときは、車でいろんなところをまわっていました。学生時代までいた東京では、車に乗っていなかったのですが、山形に行ったことで車が欠かせなくなってしまいました。東京に戻ってきてからもドライブはよくしています。あとは、昔からの趣味のダーツをしたりして気分転換をしています。

後輩へのアドバイス

情報があるかないかで就職活動のやりやすさが断然違ってくるのではないかと思います。

自分のしたいことをイメージしながら、その業界についていろいろ調べて勉強した方がいいと思います。個人的には、情報があるかないかで就職活動のやりやすさが断然違ってくるのではないかと思います。最終的には自分の判断なので悔いのない選択ができるように準備しましょう。

仕事紹介へ戻る