実例紹介

仕様・用途から探す

児童福祉施設

すみれ幼稚園

  • 構造設計
  • 施工
  • 材料供給
  • 意匠設計
遊戯室

遊戯室

保育室

保育室

ラウンドテラス

ラウンドテラス

観覧バルコニー

観覧バルコニー

外観

外観

  • 構造設計
  • 施工
  • 材料供給
  • 意匠設計
  • 設計   細谷 功+スタジオ4設計
  • 所在地  千葉県柏市
  • 敷地面積 5,572.40㎡
  • 建築面積 2,064.55㎡
  • 延床面積 1,997.97㎡
  • 階数   -

自然と共存する環状園舎
敷地面積が2,400坪、 森のように樹木が繁る園庭を有する幼稚園の建て替え工事です。初めて敷地を訪れた時、首都近郊とは思えないくらい豊かな自然環境の中で園児達が元気に過ごしていました。設計をスタートするにあたり、いかにこの広大な敷地を生かし、豊富な樹木を残すかがテーマとなったのです。

敷地は閑静な住宅地の中に位置していたため、周辺に対して、放送や楽器の音、園児の声などの影響を最小限にするため周辺環境には閉じ、園庭側に大きく開いています。構造は木の温かみと柔らかな感触のある木造大断面構法を採用しました。 また、準耐火建築物を要求される建物のため、露出する木造主要構造部の各部材は35ミリの燃えしろ設計となっています。

平面計画としては、各教室は中庭の樹木を囲い込むように環状に配置され、教室と中庭の間には屋外と室内の中間領域としての広い軒下空間を設け、雨の日や日差しの強い日などの園児たちの遊び場空間として活用できる環状のラウンドテラスになっています。そしてラウンドテラスの上部は1周160mの園児たちが自由に走れ回れるラウンドバルコニーとなっています。このラウンドバルコニーには、滑り台や階段が取り付けられていて、普段体験できない色々な高さや視界、そして眺望を楽しみながらいろいろな行為を体験できます。また、ラウンドバルコニーの南端には1段高くなった広い観覧バルコニーがあり、 ここからはグランド、中庭が一望できます。そしてその横には塔状の放送塔が立っていて、 屋外活動時の管制塔のような役割を果たします。

アプローチ東側には木造アーチ構造の遊戯室ホールがあります。20m×12m、高さ8mの木造大空間にはキャットウォークやPAコーナーも設けられていて、地域に対しての開放など色々な用途に活用できるようになっています。

また、各教室は床下に空調機をセットした床吹出し空調システムを採用しています。 このシステムは底冷えしない床を実現し、より快適で安定した空調を可能にしています。

日々、豊かな自然を感じながら、 元気に楽しく生活できる幼稚園を目指しました。

細谷 功

撮影:松岡満男


『株式会社シェルター』のfacebookページはこちら
『株式会社シェルター 注文住宅』のfacebookページはこちら