実例紹介

仕様・用途から探す

文化施設

静岡県富士山世界遺産センター

  • 構造設計
  • 施工
  • 材料供給
  • 意匠設計
  • 構造設計
  • 施工
  • 材料供給
  • 意匠設計
  • 設計   坂茂建築設計
  • 所在地  静岡県富士宮市
  • 敷地面積 3,338.50㎡
  • 建築面積 2,030.90㎡
  • 延床面積 3,410.98㎡
  • 階数   地上5階

内外部の格子は、全6,973ピースの部材数で構築されており、それぞれの部材は、曲率やひねり、長さが違う部材を削り出して製作したものである。組み立てにおいても、交点(接点)は、XY角度やZ角度がそれぞれ違う形状で7,261箇所存在する。相じゃくりを基本として組み合わせ、一材で編み込んだように交点の加工にデザインを施し、高次元の表現力を醸し出している。
木材は、有機的で魅力的な特徴を持ち、穿孔、切断、切削など加工性に優れる建築素材である。Two direction Curve形状部材の設計・製造は、3D-ModelerとCAM、3D加工マシーンの3つの新要素が必要である。それらの新技術は「新たな木造建築のデザイン」を創出し、無機質な都市型建築物を再構築できる可能性を秘めている。

構造:Arup
施工:佐藤工業・若杉組特定建設工事共同企業体
木格子 三次元加工・施工:シェルター

○新建築 2018年1月号掲載
○日経アーキテクチュア2018年2月8日号掲載

◇ウッドデザイン賞2018 受賞


『株式会社シェルター』のfacebookページはこちら
『株式会社シェルター 注文住宅』のfacebookページはこちら