実例紹介

仕様・用途から探す

児童福祉施設

今井病院付属託児所

  • 構造設計
  • 施工
  • 材料供給
  • 意匠設計
  • 構造設計
  • 施工
  • 材料供給
  • 意匠設計
  • 設計   坂茂建築設計
  • 所在地  秋田県大館市
  • 敷地面積 235.20㎡
  • 建築面積 131.20㎡
  • 延床面積 73.84㎡
  • 階数   地上1階

曲げわっぱ構造
本託児所においては、LVLの網代構造を圧縮材としてトンネル上のアーチを形成し、縦横のLVL材格子の穴から室内に適度な自然光が入る空間を考えた。当然LVL材は引っ張りで使うより圧縮で使うことで厚みが増し30mmとなり、網代状に編むことが困難であることに気がついたとき、この土地の大館の名物の「曲げわっぱ」を思いだし、「網代構造」というよりは「曲げわっぱ構造」となった。

大館は多雪地域で、積雪荷重450kg/㎡を見込む必要があることから、落雪する45度の勾配屋根をLVLのトンネルアーチの上に載せ、円弧のLVLと正方形の勾配屋根木製下地材の間に細いスチールのラチス材を立体的に入れることにより、薄いLVLの剛性を確保した。

屋根には、LVLの穴の部分の上に採光のためのFRP折板がくるようスチール折板と組み合わせた。LVLの穴にはガラスがはめ込まれ、屋根との間の空間はダブルスキン的に室内環境のコントロールに利用されている。


『株式会社シェルター』のfacebookページはこちら
『株式会社シェルター 注文住宅』のfacebookページはこちら