ホーム > ニュース > ニュース

ニュース

2011.4.4

《無料 耐震診断》お申込み受付中

より快適で安心な暮らしの為に、耐震診断をしてみませんか?
当社の耐震診断士がお宅を訪問し、無料で診断させていただきます。


■耐震診断の目的とは?
耐震診断は、地震による倒壊の危険性を測るものではありません。
今ある家をより長く、大切に使っていく為に、建物の“地震に対する強さ”を
知るための診断です。


■耐震診断の流れ
@お問合せ
   ↓
A自己簡易診断(財団法人 日本建築防災協会発行)
 ※以下のバナーより、インターネットでも自己簡易診断ができます。
   ↓
Bお申込み
   ↓
C診断 ※診断士がお宅にお伺いします。
 ・間取り確認
 ・劣化度診断
 ・建物履歴確認  
   ↓
D解析
 ・結果を数値化して分析  
   ↓
E診断結果報告
 ・補強方法
 ・地震対策

※@お申込みからE診断結果報告までは約2週間かかります。


山形県・宮城県の診断をお引き受けいたします。
ご相談のみも承りますので、お気軽にお問い合わせください。

■お問合わせ・お申込みはリモデリング部まで Tel.023-647-5100

2011.4.1

「建築家 坂 茂 +シェルター+東北芸術工科大学」による共同プロジェクト

建築家の坂茂氏が考案した「避難所簡易間仕切りシステム」80ユニットをシェルターが提供し、4月3日(日)9時より山形市総合スポーツセンターに設置します。

 坂氏と当社社員のほか、東北芸術工科大学約40名、慶應義塾大学等10名の学生ボランティア(計60名程度)で設置いたします。設置に先駆け、4月2日(土)13時より、シェルターKESプレカット工場(寒河江市)にて東北芸術工科大学の学生ボランティア(約30名)と共に組み立て前の加工を行います。

 今回の山形市への80ユニットの設置は、去る3月26日(土)にデモンストレーションを行い、実際に避難所の方々に見ていただき、山形市から希望される方々に対して設置要請があったものです。
※詳細は3/28に掲載したニュースをご覧ください。

 坂氏は4月2日(土)宇都宮、3日(日)山形に設置後、4日(月)は岩手県大槌町に100ユニットを設置します。当社スタッフが現地に材料を搬送し、坂氏らスタッフと東北芸術工科大学ボランティアにより岩手県立大槌高等学校に設置致します。

お問合わせは、広報室 齊丸・笹原まで Tel.023-647-5000

2011.4.1

シェルターインターナショナル学生設計競技2011    募集開始

「第13回 シェルターインターナショナル学生設計競技2011」の作品募集を
開始しました。

課 題:「大自然の家」
出 題:西沢 立衛
審査委員:西沢 立衛(審査委員長)
     トム ヘネガン
     中田 千彦
     古谷 誠章
     元倉 眞琴
     Roland Schweitzer(特別審査委員)

今年はUIA2011東京大会のイベントとして開催させて頂きます。
詳細は、「シェルターインターナショナル学生設計競技2011」のページをご覧ください。
■Twitter公式アカウント⇒【@siac_2011】

ニュースIndex

2016年8月
2016年4月
2016年1月
2015年8月
2015年7月
2015年3月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年6月
2014年3月
2014年2月
2013年12月
2013年11月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年3月
2012年1月
2011年12月
2011年10月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2009年6月
2007年12月

▲TOP