ホーム > ニュース > 住まいづくりの現場から

住まいづくりの現場から

光と曲面が通りぬける家

2017.2.20

【スタッフブログ】「フレキシブルボード」で仕上げた個性的な外壁

すっかり春めいた気候になりましたね。

ちょっと湿ったような暖かい空気から、草木や土の匂いを感じます。

さて、今回の現場レポートは「階段でつながるみんなの家」です。

現場では工事が順調に進んでいます。


▼間取りがはっきり!

【スタッフブログ】「フレキシブルボード」で仕上げた個性的な外壁

天井・床・壁がすっかりボードで覆われました。

いままで大きなひとつの空間だったものが、間取りがはっきりとして、生活のイメージがとてもしやすくなりました。

大工さんが、造付けの棚を製作しているところです。


▼階段もできています

【スタッフブログ】「フレキシブルボード」で仕上げた個性的な外壁

踏み面に保護のためのボードがあるので、まだ全体の雰囲気はお伝えできませんが、木の温もりと、しっかりとした安定感のある階段ができています。

完成後にはお子さんがはだしで元気に階段を駆けのぼる、そんなほほえましい光景が目に浮かびます。


▼外壁はフレキシブルボードがアクセント

【スタッフブログ】「フレキシブルボード」で仕上げた個性的な外壁

全体の外壁の色はホワイトのところを、建物の正面の玄関のまわりだけ「フレキシブルボード」を張って仕上げています。

フレキシブルボードは、「セメントボード」とも言われ、セメントと補強繊維が主原料している不燃ボードです。

一般的には外壁の下地材として使用されていますが、木ともコンクリートとも違ったその質感は外装材としても魅力的な素材です。

写真は仮の玄関ドアですので、本来のシルバーのドアが入れば、いっそうスタイリッシュな雰囲気になるでしょう。



4月1日(土)〜10日(月)にかけてオープンハウスの開催をいたします。

ブログでこちらの建物が気になった方は、是非お気軽に会場へお越し下さい!

2014.5.8

完成物件のご紹介

5/3、4、5、6の4日間 オープンハウスを開催致しました
「時と光が 美しく流れる住まい」をご紹介します。

1F和室は通常の照明ではなく、天井からの間接照明により明るさを確保。
モダンな空間は、ご来場されたお客様に大変好評でした。

完成物件のご紹介

2Fワークスペースは、明るく、ゆとりある空間。
大きな窓から柔らかな光が差し込み、家族の寛ぎの時間を優しく包み込みます。

完成物件のご紹介

2階ワークスペース隣の書斎。
壁とロールスクリーンの色を揃えたことにより、
統一感があり、落ち着いた空間です。

完成物件のご紹介

2014.4.2

「光と曲面が通り抜ける家」完成間近

すっかり日も長くなり、春の訪れを感じますね。
今日の山形市内も暖かな風が吹く一日でした。                  
桜が咲くのが楽しみです。

春になると桜並木で賑わう街に建築中の                  
「光と曲面が通り抜ける家」をレポートします。
木構造が少しずつ隠れ、完成が見えてきました。

「光と曲面が通り抜ける家」完成間近

ベランダのアールが美しく表現されています。
曲線が外から中へと通り抜け
室内の柔らかな手摺りへと続きます。

また軒の出が深いことで、
高い位置の夏の日差しを遮り
冬の日射を室内に取り込む。

これは自然を活かして住環境を良くする
「パッシブソーラー」という仕組みです。

「光と曲面が通り抜ける家」完成間近

2014.2.28

室内表現の可能性

さて本日も「光と曲面が通り抜ける家」のレポートをして参ります。

ダイナミックな吹抜けは前回ご紹介いたしましたが、
この吹抜けの解放感には「空間の広がり」だけでなく
連続する窓も、大きな役割を果たしています。

室内表現の可能性

南向きに窓が配置されております。
これにより、大きな空間に自然光を導き
明るく、開放感に溢れる空間を実現しているのです。

室内表現の可能性

2014.2.21

大空間の秘密

朝晩の空の様子を見ると、少し日が長くなったなと感じられますね。
ぽかぽか陽気の春が待ち遠しいですが
まだまだ寒い日が続きますので、体調にはお気を付け下さい。

さて本日は、前回お伝えした「ダイナミックな吹抜け空間」の
構造部分についてお伝えします。

大空間の秘密

1階から2階に続く開放的な吹抜け

左手窓枠下をご覧ください。
窓の下の太い梁がお分かり頂けますでしょうか。

太い梁と、柱と梁の接合部分に金物を用いたKES構法の強度が
ダイナミックな吹抜けを演出します。

大空間の秘密

Rの手摺りとなる吹き抜け部を、下から撮影したものです。

太い梁と、KES構法の特徴である金物が見えますね。
また、梁の上には床を支える「根太(ねだ)」という部材が
等間隔で掛けられています。

床を根太、太い梁、その下に繋がる柱、で支えていく。
重みを分散するこのシステムが、大空間を可能にしました。

2014.2.14

大空間に浮かぶ 美しい曲線

さて今回は【光と曲面が通り抜ける家】の内部をご紹介して参ります。
こちらの住宅の大きな特徴はダイナミックな吹抜け空間です。

大空間に浮かぶ 美しい曲線

手前の柔らかな曲線を描いている手摺りが
約15畳の、吹抜けのある大空間に優雅さを醸し出しています。

大空間に浮かぶ 美しい曲線

1Fリビングには床暖房が施工されています。
こちらの住宅は電気で温めたお湯を床に循環させて暖める、
「温水式床暖房」を使用しています。
この赤いラインに温水が通るパイプが入っており、床から部屋を暖めます。

床材はアッシュ材三層フローリングを予定しております。
出来上がりが楽しみですね。

2014.2.6

【光と曲面が通り抜ける家】建て方工事

寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年は珍しく雪の少ない山形ですが、一昨日から続いた降雪で
今朝は渋滞が目立ちました。

さて、今回も小白川町に建築中の
「光と曲面が通りぬける家」をご紹介します。

1月末から開始された建方工事です。
今は基礎工事が終わり、土台が据えられてから
柱や梁などの構造を組み上げていく段階です。

▼金物付きの柱、梁を組み上げていきます。

【光と曲面が通り抜ける家】建て方工事

▼次に、柱が建てられます。

【光と曲面が通り抜ける家】建て方工事

▼2階部分が施工されます。
頑強な柱と梁が組み上げられて行くと
徐々に家らしくなっていきますね。

【光と曲面が通り抜ける家】建て方工事

▼垂木(たるき)という部材が掛けられ
屋根合板が取り付けられます。

【光と曲面が通り抜ける家】建て方工事

次回は内部の様子をお伝えします。

2013.12.30

コンクリート打設中!

一年が経つのは本当にあっという間ですね。
早くも年の瀬が押し迫ってまいりました。

さて今週も引き続き、小白川町に建築中の
「光と曲面が通りぬける家」の工事の様子をご紹介します。


現在は基礎工事中で外周部の型枠施工、基礎配筋が終わり
先週からコンクリートの打設をスタートしました。

コンクリート打設中!

基礎配筋とは格子状の鉄筋が組まれていることを言います。
流し込まれているコンクリートを補強する為に重要な役割を果たすものです。

特に弊社のKES構法の基礎は、独自の構造計算をしており
通常より鉄筋量も多く、頑丈な仕様です。

また、今流し込んでいるコンクリートにより地盤の上に新しい水平面をつくり
この面を基準にして構造体を組み上げていきます。

次回の「光と曲面が通りぬける家」のレポートは
新しい年を迎えてからを予定しております。

皆様、良いお年をお迎えください。

2013.12.11

「光と曲面が通りぬける家」建築開始

今年もあわただしく過ぎ去ろうとしておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて今回より、山形市で建築中の「光と曲面が通りぬける家」の工事の様子を
ご紹介します。

現場は馬見ケ崎川沿いの、閑静な住宅街が広がる小白川町。
春になると川沿いの通りは、桜並木に彩られます。

そんな暖かな春の完成に向け、着々と工事を進めて参ります。

「光と曲面が通りぬける家」建築開始

モダンでお洒落な外観の内部は、大きな曲線形の吹抜けが開放感を感じさせます。

「光と曲面が通りぬける家」建築開始

このお宅は完成後、お客様のご厚意によりオープンハウスを予定しております。
春の完成が楽しみです。

バックナンバー

住まいづくりの現場からIndex

2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月

▲TOP