ホーム > ニュース > 住まいづくりの現場から

住まいづくりの現場から

2015.12.23

下屋の屋根工事が行われました

12月も半ばを過ぎ、もうすぐクリスマスです。

次第に寒さが厳しくなり、コートが欠かせない季節になってきました。

「(仮称)千歳認定こども園」では寒さに負けず、工事が進んでいます。


▼外観

下屋の屋根工事が行われました

外部では下屋の屋根工事が進んでいます。

ガルバリウム鋼板という素材をひとつひとつ手作業で貼っていきます。


▼トイレ

下屋の屋根工事が行われました

こちらは保育室にあるアーチが特徴的なトイレスペース。

洞窟をイメージした造りで、園児たちの想像力を掻き立てる、楽しい空間です。


▼玄関のトップライト

下屋の屋根工事が行われました

玄関ホールには、暖かな光が降り注ぐ、トップライトが設置されています。

元気な子供たちを、明るく迎え入れる工夫がなされた玄関です。

だんだんと細かいディティールが完成していきます。

どのような仕上がりになっていくのか楽しみですね。

2015.12.11

下屋工事が始まりました

12月に入り、山々も雪化粧をはじめた山形市です。

「(仮称)千歳認定こども園」の工事は、着々と進んでいます。


▼玄関

下屋工事が始まりました

玄関では、土間コンクリートを打設するため、配筋工事が行われています。

鉄筋を埋め込むことで、強度の高い土間になります。


▼保育室

下屋工事が始まりました

保育室の外部では、下屋の工事が始まっています。

軒の出は約2メートルとなり、暑い日差しを遮り、快適な空間を演出します。

コンクリート部分には、板が張られウッドデッキが出来上がります。

中庭と繋がり、やわらかい雰囲気の空間となるのが楽しみです。

2015.12.2

石膏ボードの役割

早いもので今年も12月となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
「(仮称)千歳認定こども園」は内部工事が進みます。


ビスで石膏ボードを固定▼

石膏ボードの役割

石膏には約20%の結晶水が含まれており、火災時に石膏ボードが高温になると
水蒸気となって温度の上昇を抑えます。

防火性に加えて遮音性にも優れているため、石膏ボードは建物の壁や天井などに
広く使われています。


保育室▼

石膏ボードの役割

屋根が仕上がり、全体の形が見えてきました。


ランチルーム▼

石膏ボードの役割

ハイサイドライト(高い位置にある窓)から、特徴的な格子状の天井が見えます。

中庭へつながる大きな窓はたくさんの光を採り入れます。

これから園児たちの憩いの場である中庭を施工します。

バックナンバー

住まいづくりの現場からIndex

2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月

▲TOP